お見合いパーティーのフリータイム

フリータイムで女性と話すコツ

自己紹介タイムで1〜2分しか話せないので、
3〜5分話せるフリータイムで話ができないと
カップル成功率は下がります。

 

お見合いパーティーのフリータイム

 

 

これまで紹介してきたお見合いパーティー攻略法
自己紹介タイムに好印象を与えることはできますが、
カップルになりたいと思ってもらうにはもう一押し
フリータイムで女性と話をする必要があります。

 

 

まず人間は接触回数が増えると親しみを感じるので、
自己紹介タイム1回だけよりフリータイムと合わせ
2回女性と接触することは効果があります。

 

フリータイムは男性、女性ともに移動できますが、
女性が男性のところに行くことはほぼいないので、
男性から女性のところに行くことで自分はあなたと
カップルになりたいと思っていることを示せます

 

 

だた、フリータイムは3回〜5回しかないので、
他の男性も同じ女性のことを気に入っている場合、
先に席を取られて女性と話せないことがあります

 

私はこれを避けるためにフリータイムでは、
アプローチカードに書いた二人と話すために
3回のうち2回目は捨てるという方法を使いました。

 

 

意中の女性が二人いたら、フリータイム1回目は
前の席に座れそうな女性の席にすばやく移動すると
だいたい話すことができます。

 

そして、フリータイム2回目ですが、
話したい女性の前に他の男性が座ってしまったら
その隣の席に座って意中ではない女性と話をし、
3回目にすぐ隣の席に移動して席を取ることで
高確率で意中の女性二人と話すことができました

 

 

隣にいる意中の女性が見てる可能性があるので、
2回目に意中でない女性との会話している時も
気を抜いてはいけません

 

私はあからさまに女性に気のない態度をして
隣にいた意中の女性に悪い印象を与えてしまい、
3回目に意中の女性の前の席に座れたのですが
話をしてもらえなかったことがありました

 

 

意中の女性が一人でライバルが多い場合は、
フリータイムの2回をこの方法で捨ててでも
その意中の女性と話すようにしました。

 

フリータイムで気になる女性全員と話そうとすると、
移動中に迷って誰とも話をすることはできなかった
ということになりかねないので絞ることも大切
です。

 

 

私の攻略法を使えばカップル成功率は上がりますが、
そこから付き合うにはデートに誘う必要があります。

 

以下にカップル成立からデートするまでの注意点を
私の失敗談をシェアしながら解説しています。

 

≫カップル成立後にデートするためにへ

 

 

≫お見合いパーティー攻略法トップへ

 

sponsored link